御由緒
紀伊半島の東南を古来熊野という。熊野とは奥深いところ、隈るとも申しそこは神秘性のあるところ、即ち神々の住まえるところであり、あこがれの土地として尊んだところである。往古神武天皇が御東征の折、この地に上陸され、那智の滝に大己貴神を祀り八咫烏の案内で山々を越えて大和に入られたのであります。

仁徳天皇5年那智の滝より社殿をこの地に移し、夫須美大神を祀られたのが「熊野那智大社」の起こりです。後に仏教、修験道の隆盛と共に熊野権現として崇められた上皇、女院、武将や庶民の参拝が増し継続として詣でる様子を「蟻の熊野詣」称しました。

御社殿は熊野造りと申し、現在の建物は豊臣の世に再興し享保・寛永の大改修を経て昭和10年の御修復で、平成7年国指定文化財となっています。社前には後白河上皇御手植と伝える枝垂桜や平重盛の手植と申す大樟、八咫烏にまつわる烏石等があります。

新宮市の熊野速玉大社・田辺市の熊野本宮大社と共に熊野三山の一社で、全国約4千社と云われる熊野神社の御本社でもあり、日本第一大霊験所根本熊野三所権現として崇敬の厚い社であります。また、近くには南紀勝浦温泉があり、黒潮洗う太平洋を眼下にする御社域は吉野熊野国立公園特別地域です。

御神徳
古来当社は御祭神「夫須美大神」「結ぶ」として諸願成就「結の宮」と称し、諸々の願を結ぶ宮として崇められました。那智の御滝は自然を尊び無事息災を祈る人々が多く、また八咫烏の神事等により導きの神として交通・海上の安全の守護を祈り、更に御神木のの木は無事息災を表すものとして崇められています。

熊野の自然と共に神々の恵み深い御神徳のある御社であります。

祭典
毎月行われる祭: 1日・14日・18日午前9時

御祭神

第一殿 滝宮 大己貴神 大国主神
第二殿 証誠殿 家都御子神 素嗚尊
第三殿 中御前 御子速玉神 伊弉諾尊
第四殿 西御前 熊野夫須美神 伊弉冉尊
第五殿 若宮 天照大神  
第六殿 八社殿 天神地 八神  

(2017/11/11 シンポジウム「熊野那智信仰の真随」提供資料より)