和歌山県が生んだ多くの逸材の中で、南方熊楠ほど評価が大きく分かれる人はいない。天才か奇人か。世界的な大博物学者、歩く百科事典、日本粘菌学の父、自然環境保護運動のパイオニアと持ち上げる人もいれば、「一風変わった在野の研究者」「常軌を逸した奇行の人」と冷やかな視線を向ける人いる。

また、日本国内より海外での評価が高いのも、熊楠の特徴といっていいだろう。熊楠の粘菌研究にいち早く注目したのも外国の研究者だった。

熊楠は慶応3年(1867)、和歌山城下の金物商・南方弥兵衛の次男として生まれた。子どもの頃から驚異的な記憶力に恵まれ、十歳で「文選」を暗誦、十歳からわずか五年間で、知人宅で記憶した「和漢三才図絵」(百五巻)を帰宅後すべて書写したという神童伝説を残している。

のちに上京して大学予備門(現東京大学教養学部)に入学するが退学、21歳で渡米し、さらに26歳で渡英、明治33年(1900)に34歳で帰国するまで、おもに大英博物館で考古学や人類学、宗教学などの書物を読みふけった。

熊楠は自然保護運動における先達としても評価されている。特に神社合祀令に反対運動を起こしたのは、それによって多くの神社の鎮守の森が失われることを危惧したことによる。

これに関しては特に、田辺湾の小島である神島の保護運動に力を注いだ。結果としてこの島は天然記念物に指定され、後に昭和天皇が行幸する地となった。熊楠はこの島の珍しい植物を取り上げて保護を訴えたが、地域の自然を代表する生物群集として島を生態学的に論じたこともあり、その点できわめて先進的であった。