夏は川にいてゴウライと呼ばれ、冬は山に入ってガシランボと呼ばれる。
体に松やにをぬってな。

私の祖父が椎茸を栽培している木の上を、小っちゃなガシランボが跳んでいるのを見たという。
小っさい子どもみたいなやつだったという。

(出典:「みちとおと」~熊野の伝説より)

採話地/和歌山県田辺市中辺路町高原
『熊野・中辺路の民話』 1980年 民話と文学の会編 より
イラスト:ひろのみずえ