熊野川に清流を!熊野に悠久の年輪を刻める森をとり戻そう!
新着記事

新宮弁

熊野國国語・新宮弁講座⑭~生きもの熊野紀行

今日は極東の島国、日本列島のほぼ中央部に位置する、霊気漂う熊野地方の生きものを覗いてみましょう。 (語り・柳生熊博/宮崎美熊子) 【陸編】 雨あがりの熊野の午後のひととき。宮崎さん、見て下さい。でんでんむし(まいまい=か …

熊野國国語・新宮弁講座⑬~「でーらい波」考

【もんごい】 ものすごいこと。どえらいこと 【どすらい】    〃      〃 【でーらい】    〃      〃 【どんごい】    〃      〃    (熊辞苑) 森本祐司さん(熊エプ新宮支局長・熊野大学事務 …

熊野國国語・新宮弁講座⑫~くろにえる語考

【くろにえる語】 通じると思ったのに通じなかった言葉の総称 【逆くろにえる語】 -その逆- 「くろにえる」とは身体をどこかにぶつけたりして内出血を起こし、黒いアザ様の症状を呈する事をいいます。「内出血を起こした」では専門 …

熊野國国語・新宮弁講座⑪~ディープな熊野言葉3

【やつす】 お化粧をすること。身ぎれいにすること。 【ふうわりぃ】 みっともないこと。かっこうがわるいこと。 【しこる】 凝ること。入れ込む様子。 ーここは新宮市内のとある花街。やとな(仲居+芸妓÷2)と思しき女が一人、 …

熊野國国語・新宮弁講座⑩~ディープな熊野言葉2

【まいしょうら】 おしまいにしましょう。やめておこうの意味。 【まいかっていく】 モノなどが神隠しに遭ったように行方不明になること 熊エプ読者の方から質問を受けました。「『まいしょうら』と『まいかっていく』いうて、知った …

熊野國国語・新宮弁講座⑨~ディープな熊野言葉1

アメリカにはジャズが、フランスにはシャンソンが、南米にはサンバやタンゴがあり、日本には演歌があります。民族のリズム、地場の息吹です。濃厚な演歌を「ド演歌」というそうです。方言にもそれがあります。地場で育ったディープな熊野 …

熊野國国語・新宮弁講座⑧~スポーツ編

【たばり合い】 キャッチボールをすること (熊辞苑) 【置いた】 ノックで失敗した外野フライを取りにいかなくていいこと(熊辞苑) 【飛び切っていく】【舞い散っていく】【散り切っていく】 説明省略 【たばり合い】 今回はさ …

熊野國国語・新宮弁講座⑦~熊エプ紙上にみえる新宮弁拾い読み

(注)表題にある「熊エプ」とは、かつて、友人の森本剛史君が発行していたメールマガジン「熊野エクスプレス」のことです。 「熊エプ紙上にみえる新宮弁拾い読み」と「ばちきりたいシリーズ」提案について 予定を変更して、熊エプ紙上 …

熊野國国語・新宮弁講座⑥~「新宮弁の基本構造」 2

前々回は、新宮弁の二大基本用語である「やる」と「たぁる」について分析を行いました。今回はこの基本の周辺に点在する熊野風言い回しについて、さらに解明を進めたいと思います。 「やだ」「わだ」「のし」「んし」「げー」「なぃ」「 …

熊野國国語・新宮弁講座⑤~「新宮弁の基本構造」

「新宮弁の基本構造」についての考察と「大阪弁に近づいたらアカン」 今回は新宮弁講座の補習講座として、南紀熊野地方の言葉の特徴・基本形を考察し、合わせて「似て非なる」というか「非て似なる」大阪弁に近づいたらアブナイという、 …

1 2 »
PAGETOP
Copyright © 熊野國独立準備委員会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
javascript